インドネシアでの転職・求人情報なら
リーラコーエン インドネシア
豊富な実績にあなたをフルサポート

+6221-5723322Time:9:00-18:00(Mon-Fri)

EnglishJapaneseIndonesiaこのボタンは言語切替ではなく、
その国向けの求人が表示されます。

+6221-5723322Time:9:00-18:00(Mon-Fri)

このボタンは言語切替ではなく、
その国向けの求人が表示されます。

2019.08.20最終更新日:2019.08.20

インドネシア就職:求人探し~内定までの流れ

皆さん、こんにちは。新卒でインドネシアで働いているUです。

 

突然ですが、インドネシアと聞いてどんなイメージが浮かびますか?

バリ?イスラム教?暑い?といったところでしょうか。

 

実際たしかに毎日暑いですが、その分衣替えなどもする必要がなくて楽だなあと感じています(笑)

あとは暑いのでビールがすごく美味しく感じます(笑)

さて今回はそんな常夏インドネシアでの就職についてお話したいと思います。

 

実はここ数年、東南アジアで就職したいという日本人の方が増えてきているのをご存知ですか。

 

国別に人気度を見ると、インドネシアはタイやシンガポールにはかないませんが、

それでも年々インドネシアに来る日本人の方は増えています。

 

特に、「海外で生活してみたいけど、今の日本の会社だとなかなかそのチャンスが回ってこない」

というような理由で20代後半から30代前半の年代の方から多く弊社にもご登録を頂いています。

また、日系企業側でも日本人の求人依頼を頂くことがここ数年増えてきています。

 

でも、実際に日本にいながら、インドネシアで就職活動をするのかなかなかイメージがわかないですよね。

今回は、インドネシアで就職する際に、求人探しから内定までの流れについて説明したいと思います。

基本的な内定までの簡単な流れは以下のようになります。

【お仕事探し】⇒【面接】⇒【内定】⇒【ビザ等の諸準備】⇒【渡航】

 

このステップについてひとつずつ見ていきたいと思います。

 

~お仕事探し~

まずは、お仕事探しについて説明します。

日本にいながらインドネシアのお仕事を探す方法は大きく分けて2つの方法があります。

 

ひとつは求人サイトなどに掲載されているお仕事に自分で応募する方法です。

弊社でもABROADERS CAREERというサイトを運営しています。

 

こちらでは、アジア各国の求人情報を掲載しているので、興味のあるお仕事に日本にいながら簡単に応募することができます。このように、求人サイトから自分で気になるお仕事を探すというのがひとつの方法になります。

 

もうひとつの方法は、弊社のような海外の人材紹介会社に登録する方法です。

弊社の場合は、登録する際に、電話やスカイプなどでキャリアコンサルタントと面談をしていただきます。

そこで、過去の経歴やインドネシアで働きたい理由、今後のキャリアのビジョンなどについてお伺いします。

 

ここでの情報をもとに、コンサルタントからあなたにマッチするお仕事をご紹介します。

その仕事にチャレンジしたい場合は、我々が履歴書などをその求人の企業に送り、企業側からも会ってみたいとなれば、次のステップです。

 

~面接~

次に面接のステップについて説明します。

日系の企業の求人ですと、大体面接回数は2回が目安になってきます。

また、最終面接は日本の本社で行われるようなこともあります。

基本的に日本に在住している場合は、スカイプで面接を行います。

 

面接が無事終わると細かい条件や手当の確認などがあります。

インドネシアや海外での就職が初めての場合、生活面・仕事面の両方で不安なことが多いですよね。

そのため、日系の企業様は手当などが非常に充実していることが多いです。

具体的な手当の中身としては、住宅補助交通補助(ドライバー付き社用車貸与など)海外旅行保険日本への一時帰国用往復航空券支給などがあります。

 

~内定~

このような細かい条件なども含め、あなたと企業側で双方が同意すると、ついにオファーですね。

 

インドネシアを含め、海外では“オファーレター”と呼ばれる書類に

会社と求職者、双方の署名が揃った段階で『内定』と呼ばれる状況になります。

 

これで、晴れてあなたも憧れの海外就職のチケットを獲得できました。あとは企業側が準備してくれるビザの手続きが完了したら、いよいよ出発です。

 

VISA準備に関しては、過去の記事を参照ください。

★高卒でも取れる?インドネシアの就労ビザ

インドネシアで就労ビザの更新の仕方を教えます。

インドネシア就労ビザの取り方を教えます(年齢制限|費用|証明書)

 

いかがでしたか。

 

なんとなく、インドネシアでのお仕事探しから内定までの流れのイメージが湧きましたか。

 

インドネシアは現在2億人以上の人がいて、これからもどんどん成長していくと思います。

そんな非常に大きなポテンシャルを秘めたこの国であなたの夢を叶えてみませんか!!

OTHER BLOG関連するお役立ちブログ

  • view more
    back

    LOGINログイン