インドネシアでの転職・求人情報なら
リーラコーエン インドネシア
豊富な実績にあなたをフルサポート

+6221-5723322Time:9:00-18:00(Mon-Fri)

+6221-5723322Time:9:00-18:00(Mon-Fri)

2019.03.08最終更新日:2019.03.18

  インドネシアで外国人である日本人が働く時に注意する10個のこと

今回は、「インドネシアで外国人である日本人が働く時に注意する10個のこと」を紹介していきます。

インドネシアでのビジネス出張や駐在予定の方はインドネシアでは日本人でも外国人だという ことを意識しつつぜひ一読ください!
 

インドネシアから見た外国人である日本人がするべきイスラム宗教の理解


①文化の違いをまずは受け入れること。
インドネシアは多民族国家で宗教は5つあります。その中でも90%がムスリム教です。宗教について理解していきましょう。外国人だからと言って気にしなさすぎるのは少し配慮にかけると言った経験もたくさんあります。少しずつ理解をしていきインドネシアという外国で叩くために必須な文化の違いを理解していきましょう。
https://jakameshi.com/indo/manner10/
ジャカルタ飯さんのブログでは宗教の違いと理解で抑えておくポイントなどの記載がまとまっています。
 

②お祈り時間を尊重すること。
イスラム教は一日5回ほどお祈りが義務付けられております。就業時間中だと2回被りますので、それも頭にいれて、時間調整が必要です。またインドネシアでのオフィスや工場設立時には、お祈りスペースを設けましょう。
http://www.jakanavi.com/tips/195/
リコリスさんの記事では「インドネシア人の休日の過ごし方について」という記事の中でお祈りについて外国人が配慮するべきところなどを紹介しています。
 

③ 断食時、生産性を考慮すること。

ラマダン時期(インドネシアでは1年に約1ヶ月間の断食期間)は、日中に食事や水分を摂らな いため、通常に比べてどうしても一日の生産性が下がってしまいます。それを含め、一日の目 標設定や、生産計画を立てるのがよろしいでしょう。

 

会食時には、お店や食べ物に気をつけましょう。

イスラム教では、飲酒と豚の摂取が禁じられております。インドネシア人との会食の際は、事 前に確認しましょう。
https://recipe-book.ubiregi.com/articles/muslim-omotenashi/

こちらの記事では、ムスリムの食事の詳細が載っております。

 

⑤ 叱るときは、人前ではしないこと。

教育や文化的にインドネシア人は怒られることに慣れておりません。(そもそも日本人が 怒られすぎもあるかと思いますが。)叱るのは、なるべく避けたいところです。もしそう いう場面が来てしまったら、別室に呼び出して伝えましょう。


何事にも「できる」発言が多いため、細かく進捗を確認しましょう。
 やってほしいことや、納期を守ってほしいことに対して、「できない」という発言はあまり見受けられず、何事もまずはやってみるという姿勢は良いのですが、細かく確認しない と、思い通りにいかなかったり、納期に間に合わないこともあります。ですので、細かく 進捗は確認していきましょう。


従業員やお客さんの家族イベントには積極的に参加しましょう。 

 インドネシアでは、日本以上に家族を大切にする文化があります。従業員の結婚式や、成果による報奨旅行、会社設立記念パーティーなど、積極的に行っていきましょう。普段見られない一面も知れて、最終的には仕事のパフォーマンスに繋がっていきます。
 

労働者保護の考えへの理解

インドネシアの労働政策として、労働者保護の考えが浸透しているため、労働者の条件向 上関連でデモが起こることもよくあります。インドネシア人の転職活動も活発ですので、 それも踏まえて採用計画を進めていきましょう。

渋滞は当たり前なので、訪問スケジュールを詰めすぎないこと。

ジャカルタの渋滞具合は、世界トップクラスを誇るほどです。ジャカルタ近郊での訪問は午前 中1件、午後2件くらいが平均的ですので、訪問を詰めすぎたら、間に合わないこともしばしば あります。
 

噂はすぐに回る。

人の噂はもちろんのこと、昇給時には従業員のお給料等もすぐに知られ渡ります。良い噂 も悪い噂も日本人のコミュニティ以上に広がるため、そういうことも頭に入れた上で、発 言をしていきましょう。
 

いかがでしたでしょうか??

経済発展が著しいインドネシアでのビジネス展開において、インドネシア人スタッフへ理解は 重要不可欠です。

現地の国民性を尊重して、働きましょう!!

back

LOGINログイン