Jobs in Indonesia -REERACOEN Indonesia help you finding the right job.

+6221-5723322Time:9:00-18:00(Mon-Fri)

+6221-5723322Time:9:00-18:00(Mon-Fri)

2017.12.12最終更新日:2019.03.08

【近くて便利!?】ジャカルタの最新コンビニ事情

人口1000万人を抱える、世界第二の都市、ジャカルタ。気候も宗教も日本とは全く異なりますが、親日国として知られ日系のチェーン店が街中に存在します。忙しいビジネスパーソンの味方であるコンビニも、ファミリーマートやサークルKなど日本人にとってなじみ深い店がジャカルタには数多く進出しています。そこで今回は、ジャカルタにあるコンビニについて、日本にあるコンビニとの違いと共通点を挙げながらご紹介します。

営業時間

ご存知の通り日本にあるほとんどのコンビニは、24時間営業です。では、ジャカルタのコンビニはどうでしょうか。現地の方に伺ったところ、大体22時に閉店し朝7時に開店するそうです。逆に深夜営業を行っているコンビニはとてもまれです。日本では24時間営業の必要性について議論がされていますが、現地にいると深夜に外出することがほとんどないため、ほとんど不便には感じません。ちなみに、定休日は特になく、日本のコンビニと同様年中無休です。

品揃え

 

 

日本のコンビニでは、日用品から食料品、雑誌まで、生活をする上で必要なものは一通り揃っています。一方、ジャカルタのコンビニも負けていません。書籍はありませんが、スナックやカップ麺、パン類を中心に食料品を取り揃えています。さらにはがっつりご飯を食べたい来店者向けに飲食店とコラボレーションし、集客に力を入れている店舗もあります。

おでん

 

日本の冬の風物詩として名高いおでん。実はジャカルタのファミリーマートでは季節に関係なく年中おでんを楽しむことができます。値段はスープと具一つで90円ほど。具は一つ40円ほどで追加することができます。お味のほどはぜひ現地で体験していただくことをおすすめします!

まとめ

外食よりも安く、かつおいしい食べ物を買う場所としてコンビニの右に出るものはないでしょう。それは日本でもジャカルタでも変わりません。日本での値段よりも安く、豊富な選択肢の中から商品を選べるのは、ジャカルタのコンビニの大きな魅力と言えます。ジャカルカにお越しの際は、ぜひ日本で普段使っているコンビニでお買い物を楽しんでみてはいかがでしょうか。

back

LOGINログイン